FC2ブログ

●○ 最新記事
●○ カテゴリ
●○ プロフィール

Toshikazu.T

Author:Toshikazu.T
比較的どこにでもいる、将来不安なおっさんです。タスケテー

●○ 最新コメント
●○ 月別アーカイブ
●○ カウンター
●○ Ranking
押してくれると客が増えるかも…
にほんブログ村 猫ブログへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

2019/03/16//Sat * 05:50
●○夕暮れの高見島にみる日本のたそがれ

IMG_0667.jpg

佐柳島からの帰りに高見島を経由して多度津に戻ると、高見島では1時間と少しの間滞在できます。
あまりに猫がいないので高見島の集落を回っていました。
写真の場所は高台の集落。前回訪問時に島民から伺ったところによると、高台の家屋にはもう誰もすんでいないのではないか、とのことでした。



IMG_0647.jpg

高台の集落は東向きなので丸亀市の方向がよく見えます。朝日も綺麗でしょうね。
このロケーションの良さもあって、その昔に映画のロケ地になったそうです。寅さんシリーズの。
今も誇らしげに当時を写した写真が路地に飾られています。

ただ、この高台から朝日を望む人ももういません。すれ違う人も当然いません。




IMG_0661.jpg

高台の集落は急峻な斜面に各家屋がへばりつくように建てられています。
その立地のせいか、お寺の敷地には前回にはなかった大穴が開いていました。
他にも怪しげな小さな穴が開いており、さらなる崩落を予見させます。

一目でそれとわかる廃屋も多く、事故を防ぐためでしょうか、取り壊されてがれきの山となった家屋もありました。




IMG_0668.jpg

スイセンが良く咲いていました。

高台に上るにはきつい階段を登らねばならず、歳がいってから棲むのは大変です。
観光で赴くだけなら数分で登りきる程度です。

猫の島を含む日本の離島はその多くで過疎化が進んでいます。
以前集落にお邪魔した時は、路地に花が咲く明るい午前中でした。
その時と今回のギャップのせいか、活気が喪われている過疎地の現状が印象的でした。




IMG_0625.jpg

神社の裏の倉庫も崩落したまま放置されています。
一番新しい石碑によれば平成9年に寄付があり、参道などが整備されたそうですが、
このがれきの奥にたたずむお神輿が最後に使われたのは何年前になるのでしょうか。

この日、朝と夕方の訪問で見かけた島の人は5人もいません。
平成27年度の国勢調査では人口27名とありますが、平成31年となった今では27人もいるかどうか。




IMG_0633s.jpg

夕暮れの高見島は、今の日本が直面している僻地の過疎化(高見島自体はそこまで僻地でもありませんが)、
弱っていく地方を私に否が応でも体感させることになりました。

佐柳島は比較的綺麗なのでさびれた雰囲気はあまりしません。
その行きか帰りに高見島に寄ることは、猫にはあまり会えませんが、
きっと何かを感じされるものがあると思います。
スポンサーサイト






Comments on this preview ○●    









ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]
copyright (C) 2006 猫の写真のブログ。 all rights reserved. [ template by *mami ]
//