FC2ブログ

●○ 最新記事
●○ カテゴリ
●○ プロフィール

Toshikazu.T

Author:Toshikazu.T
比較的どこにでもいる、将来不安なおっさんです。タスケテー

●○ 最新コメント
●○ 月別アーカイブ
●○ カウンター
●○ Ranking
押してくれると客が増えるかも…
にほんブログ村 猫ブログへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

2018/03/11//Sun * 07:01
●○臨海団地の子たち

IMG_7920s.jpg

海に面する団地の猫。彼らの中にも一部人懐こい子もいます。大半は逃げるけどね…
この子は自分から寄ってきてくれました。

後ろのアパートは大半が空き家ですが、港に近い位置関係もあり一部には住んでおられる方も結構いるようです。
帰りのフェリーから明かりのついている部屋をちらほら見る事も出来ました。

だらだらと池島で採集した猫の写真をアップしてきましたが、池島猫についてはそろそろネタ切れ。

にほんブログ村 猫ブログへ
↑クリックいただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。
スポンサーサイト





2018/03/10//Sat * 07:01
●○「さて、要件を聞こうか」

IMG_7640s.jpg

人懐こい猫を除けば、池島で最も堂に入った子猫だったかも。
それでもこれ以上近づくと逃げます。
次回はもう少し余裕の態度の猫が増えてると良いですが、私の行き来した船もそんなに人は乗ってなかったので
人慣れするのもあり得ない話かなあ

にほんブログ村 猫ブログへ
↑クリックいただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。


2018/03/09//Fri * 07:01
●○マジで逃げ出す3秒前

IMG_7614s.jpg

気付かれないようにコッソリ近づいて写真を撮りましたが、
この次の瞬間覆いかぶさっている方の子が跳ね起きてしまいました。
下の子はあまり動じませんでしたが、悪い事しちゃったな…

にほんブログ村 猫ブログへ
↑クリックいただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。


2018/03/08//Thu * 07:01
●○池島の悠々自適な猫

IMG_7907s.jpg

引退後は池島で悠々自適なセカンドライフ…は難しそう。
船は島民150人の割に立派過ぎる程デカいのが運航しているものの、長崎市街までがちょっと遠く…

最終便の船からバスへの乗継でもなんとか市街まで戻れるのですが本数が少なく、
もちろん長崎駅前から池島に向かう方もそんなに本数がなく、
私は1本乗り間違えて(目的地は同じで経由地が異なる便に乗った)島で過ごせる時間が2時間失われました。

にほんブログ村 猫ブログへ
↑クリックいただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。


2018/03/07//Wed * 07:01
●○誰も来ない池島の夕暮れ道

IMG_7731s.jpg

廃アパート群近くの路には当然人影はなく車も走っていません。たまに島を巡回するワゴン車のバスが通るくらい。
その道も補修されずにアスファルトはヒビだらけ…
猫たちは島のあちこちで集団を作っているので寂しくはなさそう。エサの世話もしてもらっていますし。

にほんブログ村 猫ブログへ
↑クリックいただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。


2018/03/06//Tue * 07:01
●○夕刻の廃アパート群とそこに住まう猫

IMG_7974s.jpg

人気のないアパートは大小何十棟もありますが、
現在も人が住んでいる部屋もある筈なので確実にどれが廃アパートなのかわかりません。
この写真の中には誰も住んでないでしょうけど。

廃アパートには盛大にツタが絡まり、言ってみれば核戦争後に人間だけいなくなったらこんな感じになりそう、
みたいな印象を抱かせてくれます。
通りにも基本人はいませんが、公衆浴場が稼働していたり企業の人の出入りがあるのでごくたまに人が通ります。

しかし廃墟と猫で有名な島であるのなら、その2つを絡めた写真が撮りたかったけど全然ダメだったな…

にほんブログ村 猫ブログへ
↑クリックいただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。



2018/03/05//Mon * 07:01
●○池島の貴婦人

IMG_7824s.jpg

整った気品のある顔の猫。
池島の猫はみんな野良なので栄養状態も様々なのですが、この子はまさにふくよかな貴婦人と言った出で立ち。

まあ男の子なんですけどね。

にほんブログ村 猫ブログへ
↑クリックいただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。


2018/03/04//Sun * 07:01
●○池島の人懐こい猫たち

IMG_7875s.jpg

池島では珍しい、人懐こい子たち。2匹とも代わる代わるまとわりついてきました。兄弟かな?
現役の施設のすぐそばにいたので他の猫たちよりは触れ合う人間が多いおかげなのかも。

しかし池島、まだ一度しか行ってない上にネコもそんなに見かけず、写真のストックがあんまり無かったりします。
また次回行くことがあればその時は炭鉱坑内体験ツアーに参加するときかな…

にほんブログ村 猫ブログへ
↑クリックいただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。


2018/03/03//Sat * 07:01
●○池島は猫の島…なのか?

IMG_7606s.jpg

猫の家族。子猫も何匹かいましたが、特別人懐こいヤツはいません…
毎日世話をしてくれるらしき人には擦り寄りますが、よそ者の私は寄るとすぐ逃走しそうになるので近寄れてこれくらい。

池島には所々に猫の集まりがありますが、私が4時間半で見た猫の総数は30~40くらいかと思います。
大抵は隠れている子も多いのでその倍くらいいても不思議ではないですが、
徒歩で周れると書いたものの結構広い島なので猫密度に関してはあまり高くありません。

まあ、結構見かけるかな、というくらいには見れるかも。
となるとやっぱり存在感のある廃墟に目を向けた方が写真はたくさん撮れるような気がします。

にほんブログ村 猫ブログへ
↑クリックいただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。


2018/03/02//Fri * 07:01
●○池島中央会館前の猫

IMG_7665s.jpg

池島の唯一の宿泊施設である池島中央会館の玄関前に寝そべる猫。
この子は少しくらいなら触らせてくれましたが、今はたぶん母猫です。

この訪問時は池島に宿泊はしなかったのですが、普通に島を周る分には宿泊しなくても周り切れます。
池島に4時間半くらい滞在しましたが、これ以上長いと冗長かな、と思うくらい。
単にゆっくり静かに一晩過ごしたかったり、早朝の池島の顔を観たいのなら面白いかも知れません。

にほんブログ村 猫ブログへ
↑クリックいただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 猫の写真のブログ。 all rights reserved. [ template by *mami ]
//