猫の写真のブログ。

日本全国で撮った猫の写真を、毎日1枚ずつ載せていきます。地域猫・野良猫などなど…

田代島のアイドル候補 

田代島の猫 |

IMG_6841s.jpg

この子は今はフェリー乗り場に設置された猫シェルターの中で暮らしています。
幼いころから人の出入りの多い場所に生活していますし、きっと多くの人の写真に収められ、
ゆくゆくは田代島のアイドル猫となるかも知れません。

にほんブログ村 猫ブログへ
↑クリックいただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。
スポンサーサイト
07:01 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

港のやんちゃ坊主 

田代島の猫 |

IMG_6445s.jpg

人がいても、一定以上の距離を取りつつもじゃれたり走ったりするやんちゃもの。
今回の田代島行きで一番時間をかけた子です。

にほんブログ村 猫ブログへ
↑クリックいただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。
07:01 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

親子のおはよう。仁斗田港にて 

田代島の猫 |

IMG_6753s.jpg

田代島仁斗田港の朝。
親子に見える雌猫と子猫。実際に親子かどうかは不明です。
前日には一緒に居なかったし、雌猫が呼んでも子猫は付いて行きません。
この子猫は他の兄弟もいない状態で港で暮らしていますが、他の成猫にも邪険にされずそれなりに幸せそうです。
田代島には猫が多いものの、子猫に限っては保護施設外では5匹見たかどうか位と記憶しています。

にほんブログ村 猫ブログへ
↑クリックいただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。
07:01 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

路上の三位一体 

田代島の猫 |

IMG_6143s.jpg

何でもない、アスファルトの車道の片隅に隊列をなして寝たふりする3匹。
特に目的もなく目立つところで寛いでるのも猫の島ならでは、ですね。

にほんブログ村 猫ブログへ
↑クリックいただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。
07:01 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

港の漁具の上にくつろぐ 

田代島の猫 |

IMG_5883s.jpg

船から降りてすぐの港のあたり。漁師さんからもエサをもらっているのか、漁船付近も猫のたまり場。
田代島では漁具の上にネコが寛いでいてもあまり気にされることもないのか、堂々としたものです。
食べ物を持たない来訪者には少々警戒する素振りも見せます…

にほんブログ村 猫ブログへ
↑クリックいただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。
07:01 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

仁斗田集落の猫溜まり 

田代島の猫 |

IMG_6324s.jpg

田代島は集落がそれ程大きくないので猫に会うのは非常に容易です。まさに猫の島。
船の出入りする仁斗田集落に最も猫が多く、探しさえすれば四六時中、真昼間でもどこかにネコがいます。
そこまでウジャウジャいるわけではありませんけどね。地元の人が動くとこの写真の頭数くらいは集まります。

滞在時間が少なければ、フェリー乗り場から桟橋の先にある公園、
そして仁斗田集落に絞って猫を探すと良いかも知れません。
大半の猫は来訪者に対し素っ気ないですが、エサを期待しているのか近寄ってくる猫も少数ながらいます。


にほんブログ村 猫ブログへ
↑クリックいただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。
07:01 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

田代島でのトイレについて 

田代島について |

IMG_5954s.jpg

飲食に次いでこれまた重要な要素、トイレ。
仁斗田港すぐ近くの真新しい公園に、これまた真新しいピカピカな公衆トイレがあります。

それと先の記事で挙げた島の駅にもピカピカな公衆トイレがあります。

それ程行動範囲の広い島でもありませんので、この2ヵ所のトイレで何も困ることはないでしょう。
2ヵ所とも同時に壊れでもしない限りは…


にほんブログ村 猫ブログへ
↑クリックいただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします
07:01 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

田代島での飲食について 

猫だけの写真 |

IMG_6363s.jpg

田代島は小さな離島なので、コンビニは勿論の事スーパーもありません。
昔ながらの商店が1件あるという情報も見かけますが、少なくとも私が行った日はシャッターが閉まっていました。
食べ物を買っていくとしたら、網地島ラインのすぐ周辺にはコンビニはないので石巻駅のコンビニで買っていくと安心です。
島内にコカコーラの自販機が2台ある(しかもボッタクリ価格ではない)ので飲み物に着いてはそれで充分かと思います。

つい最近ですが、島の2つの集落の真ん中あたりに島の駅という休憩所が開設したようです。
そこでは軽食が提供されますし、種類は多くないですがお菓子の販売もあります。それとお土産品も色々。
展示物も色々あるので、猫の島にきたは良いが退屈、と思う方は覗いてみるといいでしょう。休憩もできます。
それと猫の保護活動もしているようなので、行くと思わぬ猫との出会いもあるかも知れません。

仁斗田集落のやや高台には田代島の資料館があり、確かそこでも軽食やお土産品が提供されていたと思います。
というのも、泊りがけで行った割には猫を追いかけてばかりいたので資料館や山とか岬には行ってないのです。

どちらにしても営業日には注意ですね。
島の駅についてはこちら
資料館についてはこちら


にほんブログ村 猫ブログへ
↑クリックいただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。
07:01 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

田代島の混雑具合 

田代島について |

IMG_5932s.jpg

私は猫は撮れども人は撮らないので写真はないのですが、さすがに観光地だけあってフェリーは私1人ではありませんでした。
旅行当日の行きの便は火曜日の12:00石巻発のフェリーでしたが、総勢で20~30人位の観光客が乗り込んでいました。
その殆どは外国人観光客で、7割方は中国・台湾・韓国と思しき人々、
あとは欧米系と中東系と日本人が1割ずつ、といった感じ。

思いのほか国際色豊かでした。東北地方の片隅の猫の島にこれ程外人が集まるなんて、
向こうで田代島が評判なのでしょうか。
ちなみにマリンライフさんに宿泊したのは私以外に台湾人カップルが1組。
フェリーはまだまだ詰めれば人は乗れそうでしたが、平日で30人も観光客が乗るのなら、これが休日になるとどうでしょう…?
島に着いてしまえば皆思い思いの方向に歩きだすので、人だらけで困るという事もないのですけどね。

4年半前来た時は、田代島泊港で降りた観光客は私1人だったのに、
いつの間にか集客力のある観光地に変貌したようです。
ただ、単にツアー中の方と鉢合わせただけかも知れません。


にほんブログ村 猫ブログへ
↑クリックいただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。
07:01 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

田代島の民宿に泊まった話 

田代島について |

IMG_6965s.jpg

民宿のウッドデッキで気持ちよさそうに眠る食後の猫。
田代島は人工も90人弱の小さい島ですが、来島者向けに宿泊できる民宿が数件あります。
今回はその中でも特に評判のいい「マリンライフ」(HPはこちら)さんにお世話になりました。


IMG_6969.jpg

この写真にも猫が写りこんでいますが、この民宿の周辺もなかなか猫が集まるスポットです。
というのも、マリンライフさんで猫の世話をしているのです。
ある島人はこの周辺の猫の命綱的存在とおっしゃっていました。
仁斗田港から歩いて10分ほど。集落のやや高い位置にあり、部屋からは海が望めます。



IMG_6486.jpg

特筆すべきは食事の良さ。安いビジホばかり泊まっている私には貴重な体験です。
写真は夕食ですが、これにあと二皿追加で出てきました。アルコールも注文できます。
田代島に向かう前に仙台駅で菓子類を買い込んでおきましたがまったく不要でした。



IMG_6483.jpg

建物も古臭さはなく、部屋ごとに鍵をかけられる安心設計(この狭い島で盗人が出るとも思えませんが)。
他にも、民宿ながらフェイスタオルとバスタオル、歯ブラシなどのアメニティも用意されていて
余計な荷物を持たずに泊まりに来ることができます。
もし次回も田代島に訪れる事があれば迷わずココをチョイスしたい所です。


にほんブログ村 猫ブログへ
↑クリックいただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。
07:01 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

IMG_5790s.jpg

田代島へは宮城県の石巻から船で向かいます。私は関西からなので、行程を書いてみると

---------------------------------------------

関西空港 7:20発 (ピーチアビエーション)
仙台空港 8:40着

仙台空港駅 9:40発 (仙台空港アクセス線快速)
仙台駅 9:57着 10:15発 (仙石東北ライン快速)
石巻駅 11:17着

(石巻駅から港までタクシーで移動)

石巻港 12:00発 (網地島ライン)
田代島仁斗田港 13:04着

---------------------------------------------

こんな感じ。半日くらいで着けます。

LCCのピーチについては説明不要ですね。
2017年10月現在、一日三往復しています。以前はこれを利用して日帰りで田代島に行ったこともあります。
睡眠時間が極短になるのでおすすめするものではありませんが、
どうしても行きたくてピーチの運賃が安ければ選択肢のひとつとして割とアリかも知れません。

仙台空港アクセス線はアクセス線の割にそれ程本数が連発していませんので結構混みます。
仙台空港から出るときもですし、空港に戻る時も地元民の良く乗る路線の様で混みます。
交通系ICカードが使えるのでチャージしておくと何かと楽です。
アクセス線から先の、石巻へ向かう仙石東北ラインも途中までなら本数があるのですが、
石巻まで直通の物は1時間に1本程度。

石巻(いしのまき)駅から港まではタクシーで10分位、私が乗った時は940円でした。
『網地島(あじしま)ラインまで』と頼めばそれで通じます。
歩いても30分くらいの平坦な道なので、時間に余裕があれば歩いてみるのもいいと思います。
私は帰りは歩きましたが、そのおかげで野良猫1匹に会えました。
駅から港近くのバス停(ミヤコーバス・石巻市内線・門脇二丁目バス停)までバスの便もあります。
1日3往復しかない路線ですが、船の時間と大体接続しているのでちゃんと調べていれば私もバスを使ったでしょう。
最終便の石巻港着の船にのみ接続していないようです。

今回の写真は網地島ラインの事務所に住み着いた親子猫。
今のところ7匹ほど住み着いていると通りすがりのおじさんが言っていたので、
なるべく早めに着いておくと良い事があるかも。

にほんブログ村 猫ブログへ
↑クリックいただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。
07:01 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

田代島について 

田代島について |

IMG_6748s.jpg

田代島は宮城県は石巻港の沖にある周囲11.5キロの小さい島。
人口は平成27年の時点で82人で主に漁業が盛んです。
2017年10月現在、大震災からの復興工事が島の各所で本格的に行われており、
それによって一部通行・立ち入りできない箇所があります。

今は復興工事の人がたくさん滞在しているのでその方々が島の中を歩いていますが、
基本的に島にあまり人通りはありません。ただ、その代わりのように所々猫が転がっています。
工事に従事している方も猫を大事にしてくれているようで、拠点のプレハブ小屋の近くにも猫が集まっています。

にほんブログ村 猫ブログへ
↑クリックいただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。
07:01 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

4年半ぶりの田代島 

猫だけの写真 |

IMG_5885s.jpg

田代島から帰ってきました。
猫の数増えてた。
明日からはしばらく田代島の事でも記事にしようかなあ

にほんブログ村 猫ブログへ
↑クリックいただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。
07:01 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

田代島ing 

猫だけの写真 |

IMG_5075s.jpg

今回は島に泊まるという力の入れよう。猫の島に泊まること自体が初めて。
私はプロでもないのにいったい何をやっているのか…
滞在時間がいつになく長いので多分どこかで気が抜けるだろうな

にほんブログ村 猫ブログへ
↑クリックいただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。
07:01 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

田代島猫 

猫だけの写真 |

IMG_5056s.jpg

宮城県の田代島、猫の島の中では、その元祖とも言える程に有名な島。
前回行った時は大震災の影響もあって数が大きく減っており、全島でも30匹もいなかった位と記憶しています。
その来訪時から4年半、ちょっと飛行機が安かったので行ってみる事にしました。明日の朝から。

にほんブログ村 猫ブログへ
↑クリックいただけると、毎日更新が長続きできるかも。よろしくお願いします。
07:01 |  trackback: -- | comment: 0 | edit